読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジンギス・カーン

これでもくらえ!ガンゼ!

中卒営業マン、人生の道筋2

ジンギスという男

はよう!

ジンギスです。

前回の"人生の道筋"では、旅に出るところで終わったね。

 中卒営業マン、人生の道筋1 - ジンギス・カーン

当時は、もうオレは旅に出ないと死ぬ!っていう謎の強迫観念も出ちゃって、リアルに旅に出ようと思いついてから半月程で準備して出発したんだよね。その頃は建築現場でリペア系の仕事をしてたんだが、融通が利く仕事だったからそれも幸いだった。

スケボー片手にヒッチハイクで日本一周

日本一周っていうと、ルールがあるのかと思いきや自分で定義を決めていいんだよね。

オレの場合、とにかく色々な人に出会って、とりあえず沖縄まで行ってみたら何か変わると信じて出発した。

今でも覚えてる、出発日は4月1日。所謂エイプリルフールなんだけど、新年度から生まれ変わるっていう自分へのメッセージもあったね。ウソじゃないよ。

人の温もり、思いやり

日本一周の詳細は濃すぎて、今は書ききれないから割愛するけど、旅の日程は2ヶ月間。

道中、本当に色々なことがあったけど、人って、こんなにあったけーんだなぁ。って。

オレは金が無かったから、銀マットと寝袋だけで野宿をしてたんだけど、それもあってか、恥ずかしい話、心の底から人に感謝をしたのはもしかしたらこの旅が初めてだったかもしれない。

世話になった方々と濃い日中を過ごしたあとの、野宿の孤独感ったらなかったし、本当の意味で人は1人で生きていくのは無理だなって感じた旅だったね。

まぁ、今思えば現実逃避だったのかもしれないんだけど、確実にオレは変わったよ。

何かを変えるには、行動を起こすしかない

この意味、本当に理解できたよ。なんでも受身の他力本願人生じゃ、なぁーんにも変わらないんだよね。悪い意味で変わっていくことはできるけど。

オレは学歴にコンプレックスを感じながら、しかも今まで何もかも中途半端に生きてきたから、変えたかったんだよね。オレの人生。毎日能無し上司にコキ使われてる能無しな自分を打破したい気持ちがあの時かなり強くて、それで今のオレがある。

人生、リセットできないけど、自分自身はリセットできる

1人で飯屋、1人で飲み屋なんて前のオレには出来なかった。

寂しい奴だ

って思われたくない自分がいたのかな。でも旅が終わってから、しょっちゅう1人でススキノに出るようになったんだよね。理由?旅してわかったんだけど、いい意味で誰もオレの事なんて気にしてないし、行動は出会いを産むって分かったから。マザーテレサガンジー以外の人間は、人のことなんて気にしてないんだよ。己の人生を生きてるから。いや、、もしかしたらマザーテレサガンジーもそうだったかもね。

行動することに意味を見出して

いずれこういう時が来るって、少し自分の中でも思ってたんだよね。行き着けのBARで就職先が決まったんだよ。しかも、初めてのホワイトカラー。今の広告代理店。

中卒っていうレッテルがあって、肉体労働しかできないって思ってたんだけど、今んとこの社長に気に入ってもらえて、トントンと就職。

念願だったんだよね、企画する仕事。日本一周をしてなかったら、行動してなかったら今のオレは絶対にいないだろうね。

初めては恐怖

就職できたけど、やったことのない仕事。楽しみはもちろんあったけど、やっぱりオレも人間。初めては恐怖だよね。

だけど、日本一周の副作用でポジティブシンキングMAXだから、恐怖とどう戦うかを考えた。

何が恐いのかを分析して、武器(知識)を揃える。

ポケモンってゲーム、あるじゃん?

属性によって相性があって、効果が抜群になったり、いまひとつになったりして。

だから、ジムトレーナーと戦う前に、相性のいいモンスターを分析してレベルを上げていくよね。さらに、相性のいいわざマシンを覚えさせたりね。

オレの場合、まずはマーケティング基礎知識を覚えさせたね。

ゲーム感覚で生きる

開き直った奴は強いって言われてるけど、オレはゲーム感覚に人生を進めるようになってから凄く楽になった。レポートを書いてセーブポイントに戻ることはできないけど、おかげで、辛いこととか抱え込まなくなったね。辛いってあまり思わなくなったし。

今後は、もっと沢山の武器を揃えて、楽しく人生を全うして生きますよ。

 

したっけ。